基礎

[SQLServer] 現在設定されているSETオプションを表示する(DBCC USEROPTIONS)

投稿日:

SQLServerで現在設定されているSETオプションを表示するには、
DBCC USEROPTIONSを実行します。

構文

(現在設定されているSETオプションを表示する)
DBCC USEROPTIONS

サンプル

例)現在設定されているSETオプションを表示する

(結果)
textsize 2147483647 language 日本語 dateformat ymd datefirst 7 lock_timeout -1 quoted_identifier SET arithabort SET ansi_null_dflt_on SET ansi_warnings SET ansi_padding SET ansi_nulls SET concat_null_yields_null SET isolation level read committed

例えば「set nocount on」を実行後に再度dbcc useroptionsを実行すると、以下のような結果になります。

例)set nocount on を実行後に dbcc useroptionsを実行

「nocount SET」行が増えているのが分かります。

(結果)
textsize 2147483647 language 日本語 dateformat ymd datefirst 7 lock_timeout -1 quoted_identifier SET arithabort SET nocount SET ansi_null_dflt_on SET ansi_warnings SET ansi_padding SET ansi_nulls SET concat_null_yields_null SET isolation level read committed

備考

  • 設定されていないSETオプションは表示されません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-基礎
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です