関数

[SQLServer] 日付要素を加算/減算する(DATEADD)

投稿日:

SQLServerで日付要素を加算/減算するには、DATEADD関数を使用します。

構文

(DATEADD関数の構文)
DATEADD (<日付要素>, <加算値>, <対象日付>)

※戻り値は<対象日付>に指定したのと同じ型です
  (日付文字列を指定した場合はdatetime型)

【引数の説明】
引数説明
<日付要素>加算する日付要素を指定する
 年:year(yy、yyyy)
 四半期:quarter(qq, q)
 月:month(mm, m)
 日:day(dd, d)
 週:week(wk、ww)
 時間:hour(hh)
 分:minute(mi、n)
 秒:second(ss, s)
 ミリ秒:millisecond(ms)
 マイクロ秒:microsecond(mcs)
 ナノ秒:nanosecond(ns)
<加算値>加算する値を数値で指定する
(正数:加算 負数:減算)
<対象日付>加減算する基準の日付を指定する
※指定する値は以下の型または以下の型に変換できる値であればOKです
・date
・datetime
・datetimeoffset
・datetime2
・smalldatetime
・time

サンプル

例)DATEADD関数を使用したサンプル

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-関数
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です