基礎

[SQLServer] 意図的にエラーを発生させる(RAISEERROR、THROW)

SQLServerで意図的にエラーを発生させるには、RAISEERRORTHROWを使用します。

RAISERRORを使う方法

RAISEを使うとレベル番号を指定できます。

(RAISE構文)
RAISERROR(<エラーメッセージ>, <レベル番号>, <状態番号>)

例)RAISEでエラーを発生させる

(結果)
メッセージ 50000、レベル 16、状態 1、行 1 エラーです

THROWを使う方法

THROWはSQLServer2012以降で使用できます。

(THROW構文)
THROW <エラー番号>, <エラーメッセージ>, <状態番号>

例)THROWでエラーを発生させる

(結果)
メッセージ 50000、レベル 16、状態 1、行 1 エラーです

備考

  • RAISERRORのエラー番号は常に50000になります。
  • THROWのレベル番号は常に16になります。
  • エラー番号は、50000~2147483647の数値が指定できます。
  • THROWはSQLServer2012以降で使えます

スポンサーリンク

-基礎
-

© 2021 SQLServer逆引きノート